人間性豊かな活力ある地域社会の創造をめざす 総合ヘルスケア情報企業 日本医療企画
お問い合わせ
ブックストア
「医療コミュニケーター」
高齢者は、免疫力・抵抗力が弱く、病気にかかりやすいため、地域の病医院に主治医を持ち、密接に関わっていくことが生活の基本です。しかしながら、社会構造の変化等により高齢者を病医院に連れて行けない家庭が増えています。
このような方々の生活を支えるためには、通院サポートおよび医療コミュニケーション(生活情報の発信/治療の内容・療養上の注意事項の受信)のサポート役が必要です。

医療コミュニケーターは、利用者および家族の依頼により契約を交わし(1)本人の身体状況・生活環境の把握、(2)通院サポート、(3)受付サポート、(4)診察室に同伴して医師との的確なコミュニケーションのサポート、 (5)帰宅後の療養生活・介護に必要な情報の伝達等を行う【利用者と医療機関・介護現場の橋渡し役】です。
医療コミュニケーター・業務と役割
医療コミュニケーター・資格の認定
医療コミュニケーター養成講座・講座のご案内
養成講座のご案内
教材・養成テキスト
受講生の声