トップ

サービスケアサポーター

高齢者、障害者についての幅広い知識と
従来有していた高齢者、障害者についてのイメージをより確かなものにすると同時に
有効なコミュニケーションや適切な配慮を学んでいきます

今後、ますます増大する高齢顧客等のニーズに適応し
よりご高齢のお客様の目線に寄り添った接客サービスの提供と創造
また、新たな顧客層の開拓・創造のきっかけにしていただきたいと考えています

『サービスケアサポーター』とは...

高齢者等の特性・特徴をまなび、疑似体験や演習をとおして、顧客満足度の高い接客サービスを提供するために「高齢者等理解・体験・安全マネジメント研修」を修了した人物の呼称です。

『高齢者等理解・体験・安全マネジメント研修』とは...

超高齢社会において、高齢顧客の存在は非常に大きなものになっており、コアターゲットになりつつあります。こうした時代にあわせ、各法人においては『ご高齢のお客様のニーズに適応した接客サービス』をいかに提供できるかが、課題となっています。また、2016年4月からは、『障害者差別解消法』がスタートし、「不当な差別的取り扱いの禁止」、「合理的配慮の提供」が求められるようになりました。 こうした課題をクリアにするためには、高齢者や障がい者の特性・特徴を理解し、それを『顧客満足度の高い接客サービスへ展開できる人材』が必要となります。その人材を育成するのが『高齢者等理解・体験・安全マネジメント研修』です。

サービスケアサポーター対象業種

金融業(銀行・信用金庫)、運輸業(鉄道・バス・タクシー)、小売業(百貨店・スーパー・ドラッグストア・コンビニエンスストア)、飲食業(レストラン)、宿泊業(ホテル・旅館)、娯楽業(映画館・劇場・演芸・スポーツ施設・公園)、都道府県機関・市長村機関ほか

【障害者差別解消法】

研修プログラム認証団体

一般社団法人 日本介護福祉経営人材教育協会

代表理事
多田 宏(公益財団法人中国残留孤児援護基金理事長、前・社団法人シルバーサービス振興会理事長)
副代表理事
北島 政樹(国際医療福祉大学学長、元・慶應義塾大学病院病院長)
時田 純(社会福祉法人小田原福祉会理事長、一般社団法人24時間在宅ケア研究会理事長)
理事
大橋 謙策(公益財団法人テクノエイド協会理事長、元・日本社会事業大学学長)
小笠原 浩一(東北福祉大学大学院総合福祉学研究科教授、日本介護経営学会副会長)
川渕 孝一(東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 医療経済学分野 教授)
清水 康之(特定非営利活動法人福祉総合評価機構理事長、元・川崎医療福祉大学教授)
中澤 明子(社会福祉法人せんねん村常務理事・総合施設長、医療法人仁医会専務理事)
林 諄(株式会社日本医療企画代表取締役、株式会社ヘルスケア総合政策研究所代表取締役)
監事
太田 孝昭(OAG税理士法人代表社員、社会福祉法人福田会理事長)

【事業内容】

  • 介護福祉事業の経営に必要な知識とこれら事業の課題を解決する能力を有し、介護福祉現場においてその知識・能力を実践できる者に対し、「介護福祉経営士」等の資格を与える。
  • 「介護福祉経営士」等の資格認定のための試験を実施する。
  • 「介護福祉経営士」等の育成および職務能力の養成・向上を図るセミナー・シンポジウム等の開催。
  • 介護福祉事業の経営に関する知識の教授及び検定を行う。
  • 介護福祉事業経営に関する調査・研究・情報の提供を行う。
  • 介護福祉事業の経営を担う人材紹介。
  • 会報誌等出版物の発行。
  • 電子出版物の提供。   ほか