since1980
人間性豊かな活力のある地域社会の創造をめざす 総合ヘルスケア情報企業
【最新号】2018年8月号

月刊 医療経営士
特集
保険診療のワクから飛び出そう!
予防・健診事業における医療経営士の活躍
毎月20日発行  A4判 64ページ
定価:864円(税込)
定期購読料:10,368円(税込)

『月刊医療経営士』4大ポイント

Point1  現場視点にこだわった、ワンテーマの大特集主義
特集のテーマは、大所高所からの提言やあるべき論ではなく、「現場で抱えている問題の解決」「仕事を円滑に進めるための他部門との連携」といった素朴かつ具体的なものとします。また、実践事例を中心にすることで、今日から使える具体的な業務改善方法を提案します。
Point2  現場で活躍している医療経営士を紹介
経営戦略会議を仕切る敏腕医療経営士、他部門や他院との調整などに奮闘する若手医療経営士──日々の仕事の参考になるのはもちろん、医療経営スタッフとしてのキャリアアップ像を描けるよう、実際に医療現場において活躍している医療経営士の等身大の実情を紹介します。
Point3  実践的な実務スキルアップを応援 !
医療経営の現場で活躍するためには、実践的な実務スキルも必要不可欠です。本誌では単なる理論ではなく、現場での実践を念頭に、「使えるスキル」を身につけるための情報提供に力を入れています。全国で開催されている研究会活動の誌上講座なども展開しながら、医療経営士の実践力アップに貢献します。
Point4  医療経営士としての社会性・人間性を高める
病院経営戦略の立案や遂行、全体最適に向けた専門職との連携、他院や行政、企業関係者との連携やネットワークづくりなど、医療経営士の使命は、専門性だけで果たせるものではありません。時代を捉える目や人としての成熟を図る社会性、人間性が不可欠。本誌では医療経営士としての社会性や人間性を高めることも目指します。

最新号2018年8月号(2018年7月20日発行)

特集 保険診療のワクから飛び出そう!
予防・健診事業における医療経営士の活躍

診療報酬で価格・内容が決まる保険診療と違って、予防・健診事業は医療機関が自らメニューや価格を設定し、さまざまな広報・告知や営業を行うことで収益を上げていく必要がある。いわば一般企業に近い経営・運営が求められる同分野においては、マーケティングやさまざまな戦略を学んだ医療経営士の力が活かされると言える。保険診療のワクから飛び出し、新たな価値を創出する、予防・健診事業における医療経営士の可能性を考える。

Part.1● 報告
健診事業で求められるマーケティング思考
多職種とともに戦略立案・実践
池田孝行 (社会福祉法人聖隷福祉事業団保健事業部聖隷予防検診センター事務長、医療経営士3級)
Part.2● 事例
自院の強みを理解したうえでそれを活かしたドックを企画
他院との差別化を図る
梅本 豊 (医療法人恒昭会藍野病院予防医療センター課長、医療経営士3級)
Part.3● 事例
新たな価値を提供して需要を喚起し
市場をつくり出す発想が必要
川添高志 (ケアプロ株式会社代表取締役)
チーム医療経営士
社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院
リーダーの肖像
磯崎哲男(医療法人社団小磯診療所理事長)
特別レポート
北海道 次世代病院経営者セミナー2018
Nakamura's Eyes
中村彰吾(日本医療経営実践協会関東支部理事)
明日のリーダーが未来を語る
富家隆樹(日本医療経営実践協会関東支部理事)
MMS通信
特別企画
メーカー公取協インタビュー
医療経営士のための臨床講座
①臨床入門
山田幸宏(昭和伊南総合病院 健診センター長)
②クスリの教科書
北畑智英(済生会栗橋病院 薬剤科副科長)
③部門マネジメント
井出宗則(前橋赤十字病院病理診断科部長)
④検査の基礎知識
神山英範(秩父市立病院 地域連携室室長)
MMS WOMAN LAB
MMS TOPICS
MMS Report
読書の時間
小川 卓(医療法人財団献心会川越胃腸病院総務部長兼医療サービス対応事務局長)
今月の行政情報
News Summary
News Monthly
MMS INFORMATION
実態調査/REPORT
EVENT
セミナー・研究会情報
読者の声
あの人になりたい
横田泰洋(こひつじ会グループ経営戦略室室長兼医療法人社団小羊会医療本部室長)
メディカル・パートナーズ
アライドテレシス株式会社
イケジョコレクション
園村恭子(看護管理・教育支援N代表、医療法人SHIODA塩田病院看護部長)

次号予告2018年8月号(2018年7月20日 発行)

特集 準備はできていますか?
「データ提出加算」への対応と仕組みづくり

2018年度診療報酬改定では、「データ提出加算」の届け出が要件となっている入院基本料等の範囲が拡大された。データは「出せば加算」から「出すのが条件」へと変わりつつあり、今回対象とならなかった病床にも拡大していく可能性は高い。特集では、データ提出が推進されている背景をまとめるとともに、病院における「データ提出加算」への対応、体制づくりを考える。

バックナンバー


2018年7月号
月刊 医療経営士 2018年7月号
2018年6月号
月刊 医療経営士 2018年6月号
2018年5月号
月刊 医療経営士 2018年5月号
2018年4月号
月刊 医療経営士 2018年4月号
2018年3月号
月刊 医療経営士 2018年3月号
2018年2月号
月刊 医療経営士 2018年2月号
▶ もっとバックナンバーを見る

あわせて読みたい情報誌


ヘルスケア&ファイナンス
ヘルスケア&ファイナンス
クリニックばんぶう
クリニックばんぶう
最新医療経営 PHASE3
最新医療経営PHASE3(フェイズスリー)

<ご購入について>
お近くの書店にてご購入
   書店にて、『月刊 医療経営士○○○○年○月号、発行:日本医療企画』とご注文ください。
ネットで購入  ▶  雑誌の通販【Fujisan.co.jp】はこちら

<商品に関するお問い合わせ>
日本医療企画  顧客・商品管理部 ▶ 営業時間:10:00~18:00(土・日・祝日休)
   〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町4-14神田平成ビル
   TEL:03-3256-7495    FAX:03-3256-2865