• 【推薦図書】
    みんなで取り組む排尿管理
  • 最新医療経営 PHASE3
  • 最新介護経営 介護ビジョン

 日本医療経営実践協会九州支部、日本介護福祉経営人材教育協会九州支部、日本栄養実践協会九州支部の合同研究会として「チームで取り組む排尿ケア研究会」を開催します。
 講師に種子田美穂子氏を迎え、排泄ケアに取り組むことで患者さんやご利用者だけでなく、病院や施設にどのようなメリットがあるのか、経営・人材育成の視点からの排泄ケアの必要性、チームで排泄ケアに取り組むべき理由を解説。また実践編として、排尿障害のアセスメントとケア方法、排尿の自立支援に向けた取組みなどについて、事例を交えて説明します。楽しく学べ、これからの貴院・貴施設の排泄ケアに役立てられる内容ですので是非ご参加ください。


開催概要

 開催日:2019331 日(
 時 間: 13:3017:00
 会 場: 日本医療企画九州支社セミナールーム  【会場地図】
(福岡市博多区博多駅南1-3-6 第三博多偕成ビル5階)
 定 員: 15 名(事前申込が必要です)
 受講料: 日本医療経営実践協会・日本介護福祉経営人材教育協会・日本栄養経営実践協会
会 員:3,000円(税込)
非会員:4,000円(税込)
 主 催: 日本医療経営実践協会・日本介護福祉経営人材教育協会・日本栄養経営実践協会
九州支部/株式会社日本医療企画

▶ お申し込みページへ

■ 研究会内容 ■
 @総論  チームで取り組む排泄ケア
・なぜ今排泄ケアが重要なのか
・QOL向上に向けた排泄ケアのポイント
・排泄ケアが病院や施設にもたらすメリット
・排泄ケアにチームで取り組むべき理由
・排泄ケアチームのつくり方
など
 A各論  排尿ケア
・排尿障害のアセスメントとケア
・排尿の自立支援に向けて
・事例を基に排尿ケアを考える
など
■ 講師 ■
種子田 美穂子(たねだ・みほこ) 先生
大牟田市役所保健福祉部健康長寿支援課コンチネンスアドバイザー
NPO法人日本コンチネンス協会九州支部副支部長
NPO法人日本コンチネンス協会認定コンチネンスアドバイザー

 急性期病院、介護施設、在宅医療と多様な現場での看護職の経験を経て、現在は大牟田市で「排泄ケア相談員」の育成に取り組む。
 排泄ケア講師として、全国各地で年間60回以上の講演を行うほか、病院や施設から相談を受け、病棟ラウンドや症例検討会でのアドバイスも行っている。

【所属学会】
日本ストーマ排泄リハビリテーション学会(2017年学会会長賞受賞)
日本老年泌尿器学会(2012年、15年学会賞受賞)
日本創傷・オストミー・失禁管理学会
日本褥瘡学会(2011年「失禁ケア」教育講演)

参加申し込み

▶ お申し込みページへ

FAXでも受講受付中!
下記よりFAX用紙をダウンロードし、FAXにてお申し込みください。

FAX:092-418-2821   >>  ▶ FAX用紙をダウンロードする

お問い合わせ

日本医療企画 九州支社 担当:上津原
TEL:092−418−2828