管理栄養士のための基礎医学講座〜お薬編〜

当講座は、管理栄養士に必要な基礎医学を学び、他職種との連携を円滑にするための講座です。「今さら恥ずかしくて聞けない。カンファレンスで話についていけない」という声にお応えし、一から勉強しなおしたいけど、どこから手をつけて良いのかわからない方、学び方がわからない方に最適な講座です。また、医師の立場からここだけは知っておいてほしい!というポイントを解説いただきます。

今回のテーマは『管理栄養士に身につけてほしい薬の知識』です。
食事と薬の注意すべき飲み合わせや降圧薬、便秘薬、糖尿病薬の種類とそれぞれの作用の機序について学びます。例えば、降圧薬を服用している患者さんに、「グレープフルーツを食べると薬が効きすぎるので気をつけてくださいね」と説明はしているけれど、どうして効きすぎるのか実はうろ覚えであったり、糖尿病薬にはαグルコシダーゼ阻害剤、SU製剤、DPP-4 阻害薬などたくさんの種類があるが、違いをしっかり理解していないため、それぞれの薬の副作用や注意点が分からない等の悩みを抱える方必聴の講座です。
明日からの業務にすぐに役立つ、管理栄養士が関わる分野に特化した薬に絞った内容を一日で学びなおすチャンスです。


● 日時:2019年7月20日(土)  10:30〜16:30
(終了後、懇親会〈16:40〜18:20〉を行います)
● 会場:九州ビル8階 「桐の間」 【会場HP】
(福岡市博多区博多駅南1-8-31)
☆博多駅筑紫口より徒歩5分
● 定員:40名
● 受講対象:管理栄養士・栄養士・基礎医学について学びたい方
※当講座に関して、ご不明な点・不安な点なども下記までお問い合わせください。
● 受講料:日本医療企画の定期購読者  7,000円(税込) 
栄養経営士・基礎講習受講者 7,000円(税込) 
一般                 8,000円(税込)
定期購読者とは、『ヘルスケア・レストラン』『栄養経営エキスパート』などの鞄本医療企画の月刊誌の
    定期購読者を指します。
会員とは日本栄養経営実践協会会員を指します。
※お申し込み後に、「振込のご案内」をお選びいただきました方法にてお送りいたします。
    ご入金確認後、受講票を送付いたします。
● 主催:株式会社日本医療企画九州支社
● 後援:日本栄養経営実践協会九州支部
● 主な内容
@高血圧、便秘症、糖尿病、痛風の薬が作用する仕組みと食べ合わせについて
A糖尿病薬の種類と管理栄養士として注意する副作用の症状とは

▶ 申し込みはこちらから



講師:三浦 公志郎  氏(九州女子大学家政学部栄養学科 教授(医師)、日本栄養改善学会、日本細菌学会、米国微生物学会、日本病態栄養学会)

三浦氏は、山口大学大学院医学研究科博士課程を卒業され、様々な経歴を経て、現在九州女子大学家政学部栄養学科において、病理学、臨床栄養学総論、臨床栄養治療論をご担当されています。三浦氏の講義は大変分かりやすく、学生やその他のセミナー受講者にも定評があります。



参加申し込み

▶ 申し込みはこちらから

FAXでも受講受付中!
下記よりFAX用紙をダウンロードし、FAXにてお申し込みください。
FAX:092-418-2821   >> FAX用紙ダウンロード



お問い合わせ

日本医療企画 九州支社 担当:石田(イシダ)
TEL:092‐418‐2828