8月期〜10月期の医療経営士・介護福祉経営士関西支部合同研究会では、高齢社会における必須知識ともいえる成年後見制度、クレームや訴訟に備えておくべき知識と対策法といった実践的な内容で展開。
現場で役立つ情報を講義とグループワークをつうじて発信します。

開催概要 各期共通

● 時 間:14:00〜17:00  (受付13:30〜)
● 会 場:上田公認会計士事務所セミナールーム  【会場地図】
(大阪市中央区道修町1-7-10 扶桑道修町ビル 2F)大阪市営地下鉄 堺筋線「北浜橋」駅 5番出口 徒歩3分
● 定 員:各35名  ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
● 受講料:日本医療経営実践協会/日本介護福祉経営人材教育協会会員:各3,000円(税込)
一般:各4,000円(税込)
※研究会終了後、懇親会を予定しています。(自由参加 会費:4,000円)
● 主 催:株式会社日本医療企画
● 問い合わせ:株式会社日本医療企画 関西支社 担当:喜津木(キツキ)  TEL:06-7660-1761

▶ お申し込みページへ

8月19日(土) 講師:東向 勲 氏(ひがしむき行政書士事務所 代表)
8月期
テーマ
医療機関・介護事業所必聴!!
「事例から学ぶ成年後見制度活用セミナー」
プロフィール ●東向 勲 氏●ひがしむき・いさお
大学卒業後、行政書士試験に合格。医療法人で約10年間勤務した後、2014年に医療・介護専門の行政書士として「ひがしむき行政書士事務所」を開設。主に独り身の高齢者や子どもがいない高齢者夫婦の法律支援を行う。
より本格的に活動するために2015年に一般社団法人 日本ライフパートナーズ協会を設立。2017年3月に理事構成を再編し、日本初となる法律職、医療職、福祉職から構成する団体へと変更。2017年7月に東京事務所を開設し、関西圏と関東圏で活動を展開。
学校法人藍野学院藍野大学短期大学部非常勤講師を兼任。
9月16日(土) 講師:小野田正利 氏(大阪大学大学院人間学研究科 教授)
9月期
テーマ
「患者からのクレーム対応術@
〜タイプ別クレーマーの特性と対応法〜」(仮)
プロフィール ●小野田正利 氏●おのだ・まさとし
1955年愛知県出身。長崎大学教育学部助教授、大阪大学助教授を経て2002年から現職。専門は教育制度学・学校経営学。
学校に寄せられる対応困難な苦情、クレームを「無理難題要求」と名付け、そのメカニズムを専門的視点から客観的に分析するイチャモン研究家≠ニして、現場に密着した研究活動を展開。
執筆、講演も多数、近著は「親はモンスターじゃない」(学事出版)、「悲鳴をあげる学校」(旬報社)など。
10月21日(土) 講師:胡 健介 氏(医療紛争特化弁護士)
10月期
テーマ
「患者からのクレーム対応術A
〜医療過誤訴訟を中心に〜」
プロフィール


●胡 健介 氏●えびす・けんすけ
医療機関、介護事業者を主な顧問先とし、医事紛争を医療機関側のみで扱う弁護士。
純然たる医療事故案件やクレーマー対応など、患者との示談交渉裁判を取り扱っている。



講演内容等は、変更する場合がございます。

参加申し込み

▶ お申し込みページへ

FAXでも受講受付中!
下記よりFAX用紙をダウンロードし、FAXにてお申し込みください。

FAX:06-7660-1763   >>  ▶ FAX用紙をダウンロードする

お問い合わせ

日本医療企画 関西支社 担当:喜津木(キツキ)
TEL:06−7660−1761