2月期の関西支部合同研究会は、地域包括ケア時代を見据えた「まちづくり」の在り方をテーマに開催します。医療・介護連携、多職種連携のモデルケースなど、ユニークで先駆的な事例紹介を交えながら、次世代が求める理想の地域社会に向けたインフラ整備の現状と課題を考察していきます。

開催概要

 開催日:平成 31216 日(
 時 間: 14:0017:00  (受付13:30〜)
 会 場: 上田公認会計士事務所セミナールーム  【会場地図】
(大阪市中央区道修町1-7-10 扶桑道修町ビル 2F)
大阪メトロ 堺筋線「北浜橋」駅 5番出口 徒歩3分
 定 員: 35 名  ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
 受講料:会員: 2,000 円(税込)
 一般: 3,500 円(税込)
日本医療経営実践協会、日本介護福祉経営人材教育協会、日本栄養経営実践協会の会員。
※研究会終了後、懇親会を予定しています。(自由参加 会費:4,000円)
 主 催:一般社団法人 日本医療経営実践協会・株式会社 日本医療企画
 問い合わせ:株式会社日本医療企画 関西支社 担当:喜津木(キツキ)  TEL:06-7660-1761

▶ お申し込みページへ

講師:太田俊輔 氏(太田医院 院長)
テーマ 在宅医から見た地域インフラとしての社会活動
プロフィール ●太田俊輔 氏●おおた・しゅんすけ
太田医院 院長

人が好き。寄り道が好き。 大学では化学療法グループに所属し、臨床試験から緩和ケアまで担当。
父の病気をきっかけに父の診療所に移り、かかりつけ医の楽しさに目覚める。
学校医(小・中・高)、介護保険審査会、産業医、認知症サポート医など、医師会を通じた社会活動を数多く引き受ける。現在は「在宅医療と介護を考える会(ZIKK)」「堺在宅NST勉強会(イートも)」「堺在宅ネットワーク」を立ち上げて活動中。

講演内容等は、変更する場合がございます。

参加申し込み

▶ お申し込みページへ

FAXでも受講受付中!
下記よりFAX用紙をダウンロードし、FAXにてお申し込みください。

FAX:06-7660-1763   >>  ▶ FAX用紙をダウンロードする

お問い合わせ

日本医療企画 関西支社 担当:喜津木(キツキ)
TEL:06−7660−1761