リンクTOPページ

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

  • 当サイトについて
  • 特定商取引に関する法律
厚生労働 介護ビジョン ヘルスケア・レストラン

介護・福祉

介護のプロなら知っておきたい!バイタル測定、整容行為、その他の行為の知識と手順

医療と介護の境界を理解していますか?
ヘルパーができる“医療的行為”を解説

●読者対象
 訪問介護員、介護施設職員、介護事業者、一般等
●監修:平野 頼子
 (看護師・ケアマネジャー、デイサービスこの花管理者、
  訪問看護ステーションはな総括所長、
  NPO法人 緩和ケア支援センターコミュニティー代表理事)
●体裁:A5判/100頁
●2010年11月発刊
●ISBN978-4-89041-971-5


価格(本体価格+税)(税込) 1,620 円
    
商品コード: 400534
冊  数
在  庫
有り

カゴに入れる

内容

介護職による体温測定や血圧測定、耳掃除、爪切り、ひげそり、服薬管理などは 、医師法の「医行為」との境界が不明確であり、グレーゾーン扱いをされていました。
2005年になって、厚生労働省が
「医師法17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈について(通知)(平成17年7月26日)」において、
「一部の行為に関して医行為ではない」という内容の通知を出したことで、 介護職が行える行為が明らかにされ、これまで以上に医療隣接行為や薬にまつわる知識と技能の習得が求められるようになりました。
しかし、それぞれの行為を行うときの条件も付けられていますので、 しっかりとその内容を理解しケアしないと、事故が起きれば責任を問われることになります。
本書は、この「医行為ではないと考えられる行為」について紹介し、実際に介護を行う際の手引きになるような書になっています。

各行為は
「基礎知識」
「必要な物品」
「手順」
「ケアのポイント」
「NG!これは医行為です」
「得する知識」
「手順チェックリスト」
で構成。

「必要な物品」は写真で、「手順」は細かく分けてイラストで紹介。
現場で行われている方法など、現場の声も盛り込んで、わかりやすい実用書になっています。
介護職が介護を行う際の参考に、また、介護事業者所内研修にも役立ちます。

目次

第1章 バイタルの測定行為
 1.体温測定
 2.血圧測定
 3.パルスオキシメータの装着
第2章 整容行為
 1.口腔内の清掃
 2.耳垢の除去
 3.爪切り
 4.ひげそり
第3章 薬の使用行為
 1.薬剤使用時の介助
 2.点眼薬・点鼻薬などの使用介助
 3.浣腸
 4.切り傷・擦り傷・やけどの処置
第4章 その他の行為
 1.ストーマ袋の排泄物廃棄
 2.自己導尿の補助
≪巻末資料≫厚生労働省通知

このページのTOPへ
Copyright, Japan Medical Planning