リンクTOPページ

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

  • 当サイトについて
  • 特定商取引に関する法律
厚生労働 介護ビジョン ヘルスケア・レストラン

【雑誌】栄養経営エキスパート

栄養経営エキスパート 2017年7-8月号(No.7)

-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2017年7-8月号 Vol.7(2017年6月8日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
術前患者への介入がポイント
がん患者への栄養管理と栄養指導

昨年4月の診療報酬改定によって、算定可能な栄養指導の対象が広がり、がん患者に対する栄養指導も算定できることとなった。積極的に算定している施設の取り組みを聞くと、ポイントは術前から栄養指導を行なって術後の栄養障害の発生を予防し、予後の改善を図ることと思われる。
本特集では、術前のがん患者に対する栄養管理の意義と具体的な栄養指導のあり方について考察する。

【提言】
小川哲史(独立行政法人 国立病院機構 高崎総合医療センター 統括診療部長/消化器病センター長)

【解説1】
宮崎達也(国立大学法人 群馬大学大学院 総合外科) ほか

【解説2】
饗場正明(独立行政法人 国立病院機構 高崎総合医療センター) ほか

【解説3】
新木健一郎(国立大学法人 群馬大学大学院 肝胆膵外科学/病態総合外科学) ほか

【実践事例1】
荒川和久(前橋赤十字病院 外科副部長・NSTチェアマン)

【実践事例2】
塚越 淳(独立行政法人 地域医療機能推進機構 群馬中央病院) ほか

【実践事例3】
郡 隆之(利根保健生活協同組合 利根中央病院 外科部長)

-------------------------------------------------------------
その他の記事
-------------------------------------------------------------
●The 症例 ~病態を読み解くエッセンス~
 テーマ・肺がん

●Breakthrough リーダーの条件
 希少価値のある存在になるために一つひとつ周りの状況を変えていく
 小林 哲

●第2回「全国栄養経営士のつどい」福岡大会開催
 栄養経営士の新たな挑戦がこれからの医療・介護を創る!

●経腸栄養における血糖コントロールの実践 糖質調整流動食の活用とアウトカム①
 難渋しがちな療養患者の血糖変動糖質調整
 流動食の活用で合併症予防につなぐ
 医療法人財団 愛慈会 相和病院

●Special Report
 ネスレ ヘルスサイエンス カンパニー
 臨床栄養セミナー

●Bookmark 周術期における経腸栄養管理 消化態濃厚流動食の可能性を追う
 その③ 食道がん周術期と消化態濃厚流動食
 岡山大学病院

●Practical Report
 結果につなげる経口摂取へのアプローチ
 咀嚼嚥下と栄養指導

●Seminar Report
 腎臓病と栄養・代謝・食事フォーラム2017in日経ホール

●『PDN通信』Presents
 胃ろうの疾患別適応を考える その4:がん編

●栄養管理の流儀 ――経口維持の支援編①――
 高齢者施設の管理栄養士に期待されていること
 宮坂 光

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告  2017年9-10月号 Vol.8(2017年8月8日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
誤嚥性肺炎と下痢を低減して、病院経営に貢献する栄養管理をめざす
経腸栄養のアウトカムとリスク管理(仮題)

食材費が限られていて、濃厚流動食にコストをかけられない……。
昨年4月の診療報酬改定により、管理栄養士からそんな声が聞かれるようになった。しかし、患者の病態にマッチングしない製品をコスト優先で使用していれば、逆流や下痢のリスクが高くなり、在院日数が長期化。結果的に病院経営のデメリットとなりかねない。本特集は、グローバルコストの観点から適切な濃厚流動食などを選択し、逆流や下痢を低減して病院経営への貢献というアウトカムにつなげた事例を紹介する。


価格(本体価格+税)(税込) 1,620 円
    
商品コード: 381708
冊  数
在  庫
有り

カゴに入れる

このページのTOPへ
Copyright, Japan Medical Planning