リンクTOPページ

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

  • 当サイトについて
  • 特定商取引に関する法律
厚生労働 介護ビジョン ヘルスケア・レストラン

【雑誌】栄養経営エキスパート

栄養経営エキスパート 2016年11-12月号(No.3)

-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2016年11-12月号 Vol.3(2016年10月8日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆ 
嚥下調整食学会分類2013に基づく
物性の評価と調整
―咀嚼と嚥下の機能を考える―

今回の診療報酬改定によって、摂食嚥下障害に対する栄養食事指導が算定可能となった。これにより、病院に勤務する管理栄養士は退院患者などに対して、在宅や施設での生活を見据えた嚥下調整食の提案をしていくこととなる。
いわば、物性についての共通の物差しを使って誤嚥につながりにくい食形態を指導していくわけだが、この物差しとなるのが「嚥下調整食学会分類2013」である。本指標の発表から3年。医療・介護共通の指標として普及しているこの物指しについて、改めてコード別に物性調整の取り組みを紹介する。

【message】
藤島 一郎(社会福祉法人 聖隷福祉事業団
 浜松市リハビリテーション病院 病院長)

【解説】
栢下 淳(県立広島大学人間文化学部健康科学科 教授)
菊谷 武(日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック 院長)

【コード別実践事例】
栢下 淳(県立広島大学人間文化学部健康科学科 教授)
渡邉 光子ほか(医療法人社団朋和会 西広島リハビリテーション病院
 言語聴覚士)
栢下 淳子(徳島赤十字病院 医療技術部 栄養課長)
髙山 仁子(医療法人社団 寿量会 熊本機能病院 診療技術部栄養部)
山縣 誉志江(県立広島大学人間文化学部健康科学科 助教)
-------------------------------------------------------------
◆Special Talk◆
すべての糖尿病患者には生活があり、食文化があり、個性がある
これらを尊重した栄養指導を実践しよう

山田 悟(北里大学北里研究所病院 糖尿病センター センター長)
西村一弘(駒沢女子大学人間健康学部健康栄養科 教授/緑風荘病院
 運営顧問)

-------------------------------------------------------------
その他の記事
-------------------------------------------------------------
●Management Leader Special Interview 栄養の未来を語ろう
 自らのあり方を常に問いかけていくことで
 プロとして生きる道が拓かれていく
 小森雄太

●The 症例 ~病態を読み解くエッセンス~
  テーマ・舌がん

●Breakthrough リーダーの条件
 臨床現場での厳しい環境を経て先進として次世代の育成に努める
 松嵜美貴

●Seminar Report
 がん・摂食嚥下障害の栄養食事指導のノウハウを学ぶ

●『PDN通信』Presents
 胃ろうの疾患別適応を考える

●Series 栄養管理の次なる一手を先読みレポート
 中鎖脂肪酸と高齢者の栄養ケア①

●Bookmark
 高齢者の生活を支える経管栄養 半固形状流動食の可能性を追う
 その② 回復期リハ病院編
 千里リハビリテーション病院

●Convention Report
 がん患者のステージに合わせた栄養管理
 ~経口補水療法の上手な使い方も含め~

●栄養管理の流儀 ――周術期のリスク管理編③――
 消化器がん患者における管理栄養士の役割
 阿部克幸

●栄養管理の流儀 ――経口維持加算編③――
 経口維持加算の意義と管理栄養士の責務
 阿部咲子

●気になる逸品

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告  2017年1-2月号 Vol.4(2016年12月8日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
それは私たち専門職が守るべき責務
医原性の体重減少と栄養管理(仮題)

病院食を食べているから大丈夫、病気になればやせるのは当たり前、高齢者にはお粥が当然……。こうした「病院・施設の常識」が体重減少を進行させ、高齢者のQOL 低下につなげてはいないだろうか?
本特集では「体重減少につながる病態」を解説。なぜその体重減少に歯止めをかけられないのか、考察していく。


価格(本体価格+税)(税込) 1,620 円
    
商品コード: 381612
冊  数
在  庫
有り

カゴに入れる

このページのTOPへ
Copyright, Japan Medical Planning