リンクTOPページ

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

  • 当サイトについて
  • 特定商取引に関する法律
厚生労働 介護ビジョン ヘルスケア・レストラン

【雑誌】栄養経営エキスパート

栄養経営エキスパート 2016年9-10月号(No.2)

◆特集◆ 
患者に寄り添うための準備はできていますか?
がん周術期の栄養管理とマネジメント

今回の診療報酬改定でがん患者に対する栄養指導が栄養食事指導料として
認められることになった。これは病院に勤務する管理栄養士にとって歓迎
すべきことだが、がんの病態や術式、がん化学療法による後遺症などを理
解していないと、適切な栄養指導は難しい。なにより、不安を抱えるがん
患者の気持ちに寄り添う姿勢が不可欠となる。そこで本特集では、がん患
者の栄養指導において求められると思われる病態の解説や実際の栄養指導
事例を紹介。がん患者の栄養指導のあり方について考察する。

【解説1】がん治療と栄養管理

     中屋 豊(公立学校共済組合四国中央病院 副院長・臨床研究センター長)
     藤井 真(医療法人新都市医療研究会「君津」会 南大和病院 病院長)
     三浦 昭順 ほか(がん・感染症センター 都立駒込病院 食道外科)
     村松 博士 ほか(留萌市立病院 消化器内科)
     池永 昌之(宗教法人在日本南プレスビテリアンミッション
          淀川キリスト教病院 緩和医療内科)

------------------------------------
◆Special Talk◆
キーワードは患者や家族との信頼 経口維持加算の取り組みを参考に
生きる幸せを支える栄養指導を実践しよう

【Special Talk】藤谷順子+桐谷裕美子+阿部咲子+髙橋樹世

        藤谷順子(国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 
             リハビリテーション科 医長)
        桐谷裕美子(医療法人社団輝生会 
              船橋市立リハビリテーション病院 栄養部 部長)
        阿部咲子(医療法人社団伊純会グループ 
             介護老人保健施設スカイ 管理栄養士・栄養経営士)
        髙橋樹世(社会福祉法人豊島区社会福祉事業団 総務課栄養担当係長)

------------------------------------
その他の注目記事!
------------------------------------
● Management Leader Special Interview 栄養の未来を語ろう
  一人ひとりがプロの仕事をする時 最高のチームパフォーマンスが生まれる
  五島朋幸

● The 症例~病態を読み解くエッセンス~
  テーマ・食道がん

● リーダーの条件
  管理栄養士としての使命を追い続け リーダーとしての責務にめざめる
  宮島 功

● Series 濃厚流動食の選択とリスク管理 VOL.2
  医療法人社団永生会 永生病院

● Seminar Report①
  周術期栄養管理におけるペプチド製剤(PN-2)の安全性と有用性について

● Seminar Report②
  地域包括ケアシステムの充実と在宅栄養管理
  ~住み慣れた地域でその人らしい暮らしのために~

● 特別インタビュー
  乳酸菌のもつ力を活用し ピロリ菌による疾患リスクを減らす

● 栄養管理の流儀
  周術期のリスク管理編②
  クリニカルパスと管理栄養士のかかわり
  阿部克幸

  経口維持加算編②
  食べたいと望む利用者に管理栄養士ができることとは
  阿部咲子

● Bookmark 高齢者の生活を支える経管栄養 半固形状流動食の可能性を追う
  その① 急性期病院編
  滋賀医科大学医学部附属病院

● 【検証報告】
  前腕長と下腿長を用いた身長の簡易的な推定
  医療法人財団明理会 鶴川サナトリウム病院

● 気になる逸品

------------------------------------
次 号 予 告 2016年10月8日 発売
------------------------------------
◆特集◆ 
嚥下調整食学会分類2013に基づく 物性調整と嚥下機能評価

今回の診療報酬改定によって、摂食嚥下障害に対する栄養食事指導が算定可能と
なった。これにより、病院に勤務する管理栄養士は退院患者などに対して、在宅
や施設での生活を見据えた嚥下調整食の提案をしていくこととなる。
いわば、物性についての共通の物差しを使って誤嚥につながりにくい食形態を指導
していくわけだが、この物差しとなるのが「嚥下調整食学会分類2013」である。
本指標の発表から3年。医療・介護共通の物性の物差しとして普及しているこの
指標について、改めてコード別に物性調整の取り組み、および各コードに準じた
嚥下機能評価の実際について紹介する。


価格(本体価格+税)(税込) 1,620 円
    
商品コード: 381610
冊  数
在  庫
有り

カゴに入れる

このページのTOPへ
Copyright, Japan Medical Planning