リンクTOPページ

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

  • 当サイトについて
  • 特定商取引に関する法律
厚生労働 介護ビジョン ヘルスケア・レストラン

白書

医療白書2015-2016年版

医療白書 2015-2016年版

医療財政、崩壊か再建か 「国民医療」改革へ向けた緊急提言!


編集委員代表:西村 周三(一般財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会医療経済研究機構所長)
企画・制作:ヘルスケア総合政策研究所
体裁:B5判/200ページ予定
ISBN:978-4-86439-382-9


価格(本体価格+税)(税込) 4,860 円
    
商品コード: 400792
冊  数
在  庫
有り

カゴに入れる

内容

わが国の財政状況は、債務残高GDP比200%を超え、債務不履行までのカウントダウンを数える状況に陥っている(1,053兆3,572億円、国民1人当たり約830万円の借金)。これに対して政府は、2020年のプライマリーバランスの均衡化を国際公約として掲げ、増大し続ける社会保障費の抑制・削減を方針として示している。債務不履行による財政破綻と、それを食い止めるための緊縮策、いずれにおいても現在の医療提供体制を何ら変えることなく維持し続けることは困難である。

「国民皆保険の持続可能性を確保する」ための改革にはどのような方策が必要なのか、あるいは国民皆保険制度存続の可否を問い、新たな制度設計を行うべき事態なのか、官邸(経済財政諮問会議)・財務省・経済産業省、そして厚生労働省それぞれのねらい・構想の下に財政主導で推し進められようとしている医療改革の行方を探るとともに、持続可能な真の「国民医療」とは何か、国民課題として医療機関(医療人)、有識者、患者(国民)側からの提言を行う。

目次

巻頭言 西村 周三 (一般財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会医療経済研究機構所長)

第1部 ―財政の視点から見る医療制度改革の行方―
 【巻頭特別座談会】「財政破綻が招く社会保障制度崩壊の危機と回避に向けて進む医療改革」
 ▶西村 周三 (一般財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会医療経済研究機構所長)
 ▶竹川 節男 (医療法人健育会理事長、経済同友会社会保障改革委員会副委員長、内閣府規制改革会議健康・医療WG専門委員)
 ▶武久 洋三 (一般社団法人日本慢性期医療協会会長、厚生労働省社会保障審議会医療保険部会委員)
 ▶土居 丈朗 (慶應義塾大学経済学部教授、行政改革推進会議有識者作業部会座長)
 ▶森 臨太郎 (国立成育医療研究センター政策科学研究部長)
 第1章 医療財政の変遷と国民皆保険制度の行方(概論)
 ▶石川 雅俊 (国際医療福祉大学医療福祉経営専攻医療経営管理分野准教授)
 第2章 病床削減20万床がもたらす病院再編・地域医療イノベーション
 ▶橋爪 章 (保健医療大学学長・同経営学部教授)
 第3章 地域医療構想の課題と目指すべき着地点
 ▶埴岡 健一 (東京大学公共政策大学院特任教授、元日本医療政策機構理事・がん政策情報センター長)
 第4章 新公立病院改革プランで自治体病院の再編・淘汰はさらに進むか?
 ▶尾形 裕也 (東京大学政策ビジョン研究センター特任教授)
 第5章 セーフティネットを拡充し、成長戦略に貢献する改革
 ▶松山 幸弘 (キヤノングローバル戦略研究所研究主幹、内閣府規制改革会議健康・医療WG専門委員)
 第6章 富裕層向けに積極的に営業をかけるASEAN諸国
 ▶田中 耕太郎 (株式会社バンコク病院日本人オペレーション部)
 第7章 成果主義(アウトカム評価)が変える診療報酬制度
 ▶池田 俊也 (国際医療福祉大学医療福祉経営専攻医療経営管理分野教授)
 第8章 医療保険制度における保険者の果たすべき役割
 ▶川渕 孝一 (東京医科歯科大学大学院教授)
 第9章 「地域包括ケア・コンパクトシティ」構想~人口減少社会における、地域包括ケアシステム実現に向けた財政的課題と処方箋
 ▶小黒 一正 (法政大学経済学部教授)
 第10章 医療費適正化に向けたジェネリック医薬品の使用促進
 ▶坂巻 弘之 (東京理科大学経営学部教授)

第2部 ―2015-2016年 医療をめぐる10の論点―
 第1章 群馬大学医学部附属病院、東京女子医大病院患者死亡事故から考える医師の倫理と医療機関のコンプライアンス
 ▶大磯 義一郎 (浜松医科大学医学部教授「医療法学」、帝京大学医療情報システム研究センター客員教授)
 第2章 医療ビッグデータがもたらす医療大革命の行方
 ▶黒田 知宏 (京都大学医学部附属病院医療情報企画部長・病院長補佐)
 第3章 重複投薬・長期処方による残薬500億円の実態と解消に向けた対策
 ▶赤沢 学 (明治薬科大学公衆衛生・疫学教授)
 第4章 保険外併用療養費制度改革の論点
 ▶翁 百合 (内閣府政府規制改革会議健康・医療WG座長、株式会社日本総合研究所副理事長)
 第5章 東北薬科大学・医学部新設は医師不足解消のカギとなるか
 ▶濃沼 信夫 (東北薬科大学教授)
 第6章 多死社会における理想の看取り・終末期医療を考える
 ▶長尾 和宏 (医療法人裕和会長尾クリニック院長)
 第7章 プライマリ・ケアは日本の医療を変える(地域医療を救う)パラダイムシフトとなるか
 ▶三原 岳 (東京財団研究員兼政策プロデューサー)
 第8章 認知症800万人時代における「新オレンジプラン」の実効性を検証する
 ▶水巻 中正 (国際医療福祉大学教授)
 第9章 働くがん患者の職場復帰支援
 ▶桜井 なおみ (NPO法人HOPEプロジェクト理事長、キャンサー・ソリューションズ株式会社代表取締役社長)
 第10章 データヘルス計画と糖尿病性腎症重症化防止による透析予防
 ▶平井 愛山 (一般社団法人日本慢性疾患重症化予防学会代表理事)

第3部 ―年表・資料「介護保険制度」創設以降における保健・医療・福祉・介護の歩み―
 ▶牧 潤二 (医療ライター)

※タイトル、内容等について変更になる場合がございます。

このページのTOPへ
Copyright, Japan Medical Planning