リンクTOPページ

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

  • 当サイトについて
  • 特定商取引に関する法律
厚生労働 介護ビジョン ヘルスケア・レストラン

白書

国民の栄養白書2015-2016年版

国民の栄養白書 2015-2016年版

高齢者の栄養管理と食事が支える生きる力
加齢のリスクを減らし、寝たきり予防を実践する!

監修:鈴木隆雄(桜美林大学 加齢・発達研究所 所長/国立長寿医療研究センター 総長特任補佐)

企画・制作:ヘルスケア総合政策研究所
体裁:B5判/168ページ
ISBN:978-4-86439-385-0


価格(本体価格+税)(税込) 4,320 円
    
商品コード: 400793
冊  数
在  庫
有り

カゴに入れる

内容

 日本人の平均寿命は着実に伸び、2014(平成26)年では男性80.5歳、女性86.8歳と世界でもトップクラスを維持している。日本の高齢者の人口の推移の特色は、高齢化の進展の「速さ」と同時に、その高齢化率の「高さ」(高齢者人口の増加)、なかでも今後急増する75歳以上の後期高齢者の人口割合の著しい増加にある。
後期高齢者では加齢に伴う心身機能の減弱化は不可避であるが、その最上流にある原因として食と栄養の劣化、そして口腔機能の低下が挙げられる。今後の我が国の高齢者の健康状態を規定する要因としての食と栄養は、最重要課題として位置付けられている。
 本書では個人の栄養と疾病、地域全体での高齢者への栄養支援のあり方、そしてそれを取り巻く制度(介護保険制度)というミクロなレベルからマクロなレベルまで、高齢者の食と栄養に関する現状と課題を俯瞰的に取り上げまとめたものである。

目次

●巻頭特集

◆特別レポート 介護報酬改定と多職種協働
 「口から食べる」を支える最新ケア
 チームで取り組む摂食嚥下障害へのアプローチ

◆特別対談 高齢者の疾病と生活に寄り添う栄養ケアのあり方
 鈴木 隆雄(桜美林大学 加齢・発達研究所 所長/国立長寿医療研究センター 総長特任補佐)
 岡田 晋吾(医療法人社団 守一会 北美原クリニック 理事長)

 第1部 高齢者の栄養と疾病         
 
  第1章 高齢期とサルコペニア
      鈴木 隆雄(桜美林大学 加齢・発達研究所 所長/国立長寿医療研究センター 総長特任補佐)
  第2章 サルコペニアの病態と栄養管理
      葛谷 雅文(名古屋大学大学院 医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学教室 教授)
  第3章 高齢者の栄養管理の問題点と認知症のリスク
      吉田 貞夫(沖縄メディカル病院 あがりはまクリニック 院長)
  第4章 高齢者の食力と新概念『オーラル・フレイル』
      飯島 勝矢(東京大学 高齢社会総合研究機構 准教授)
  第5章 高齢者の摂食嚥下障害と食事
      菊谷 武(日本歯科大学 口腔リハビリテーション 多摩クリニック 院長)
  第6章 認知症と高齢者の食事
      渡邊 裕(国立長寿医療研究センター 口腔疾患研究部 口腔感染制御研究室室長)

 第2部 介護保険制度改正と高齢者の生活と食事  
  
  第1章 介護保険制度改正の概要と地域行政
      東内 京一(和光市保健福祉部長)
  第2章 介護保険制度改正と高齢者の栄養ケア
      佐藤 龍司(医療法人社団 心司会 介護老人保健施設 しょうわ 施設長)
  第3章 在宅高齢者の栄養ケアと栄養補助食品
      横田 早知(医療法人社団 守一会 北美原クリニック 管理栄養士)

 第3部 「介護食」の現状と地域での課題

  第1章 嚥下調整食とその栄養の問題について
      栢下 淳(県立広島大学 人間文化学部 健康科学科 教授)
  第2章 加齢のリスクと寝たきり予防の実践
      小山 珠美(NPO 法人 口から食べる幸せを守る会 理事長)
  第3章 在宅高齢者の生きるを支える食支援とレシピ
      中村 育子(医療法人社団福寿会 福岡クリニック 在宅部栄養課 課長)
  第4章 栄養ケアから始める地域包括ケア
      溝渕 敏水(医療法人聖真会 渭南病院 院長)

このページのTOPへ
Copyright, Japan Medical Planning