JMP 医薬品
「登録販売者」試験対策
TOPページ
推薦のことば
「登録販売者」の概要
「登録販売者」とは
「登録販売者」になるには
「登録販売者試験対策
 テキスト」

「合格サポートナビ
 ポイント整理150」

株式会社日本医療企画

 「登録販売者」とは
「登録販売者」の概要 2007.6.19 更新




 コンビニで薬が買える? 誰でも売れる?
「登録販売者」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?
薬事法の改正(平成18年公布)により誕生した新しい医薬資格「登録販売者」の登場により、薬を買える店が増えて、24時間いつでも薬が買えて、 そしてあなた自身が薬を売るようになるかもしれないのです。

薬は大きく二種類に分けられます

では登録販売者っていったい?という前に、薬にまつわる話を少し。

まず薬には大きく分けて二種類あります。
病院、診療所などで診察を受けた後、医師の処方せんに基づいて、薬剤師による調剤を経て交付される薬。これを医療用医薬品 といいます。

そしてもう一つ。薬剤師が常駐する薬局、薬店(いわゆるドラッグストア)で誰でも購入できる一般用医薬品があります。 大衆薬、OTC薬(Over The Counter Drug)などとも呼ばれています。一般用医薬品は医療用医薬品に比べ効果・副作用の低いものを指します。

登録販売者が売れる薬は?

現在の制度では、一般用医薬品といえども、薬剤師による対面販売が原則でした。そして、病院以外で薬剤師が常駐するところは薬局、薬店に限られます。

しかし、平成19年度から一般用医薬品を副作用リスクに応じて一類・二類・三類と3分類し、このうちリスクの低い第二・三類については、 平成21年度以降は「登録販売者」でも販売できるようになるのです。

コンビニ、スーパーなどの24時間営業の店でも、登録販売者が常駐していれば、第二・三類医薬品を販売することができるのです。 ちなみに第二類医薬品、つまりコンビニで買えるようになる薬には、皆さんご存じのバファリン(ライオン-ブリストル)、ビオフェルミン(武田)などが含まれます。

現在の制度

業態の種類 専門家(資質) 販売可能な一般用医薬品
薬局 薬剤師
(国家試験)
すべての一般用医薬品(485成分)
薬店
一般販売業
(ドラッグストア)
薬種商販売業
薬剤師
薬種商販売業
(都道府県試験)
すべての一般用医薬品(485成分)
指定医薬品以外の一般用医薬品(474成分)

新制度

業態の種類 専門家(資質) 販売可能な一般用医薬品
薬局 薬剤師
(国家試験)
すべての一般用医薬品(485成分)
店舗販売業
(ドラッグストア。他にコンビニ、スーパー、ホームセンターも参入?)
薬剤師
または
登録販売者
(都道府県試験)
薬剤師はすべての一般用医薬品(485成分)

登録販売者は第一類を除く、第二・三類医薬品(474成分)

一般用医薬品の大部分が登録販売者を通じて販売できることで、コンビニ、スーパーなど多くの企業が新規市場(一般用医薬品販売)への参入が予想されます。 また登録販売者になることで、仕事を得る機会が増える人、ドラッグストア、コンビニでの時給が上がる人もいるでしょう。 初年度の合格者数は3万人とも、5万人とも言われています。

→ では、登録販売者になるには
Web版 試験対策 Part2
レジュメ&問題・解説
第1回 12/19 UP
第2回 12/21 UP
第3回 1/8 UP
第4回 1/15 UP
第5回 1/29 UP
第6回 2/5 UP
第7回 2/12 UP
第8回 2/19 UP
第9回 3/13 UP
第10回 3/21 UP
第11回 3/31 UP
第12回 4/4 UP
第13回 4/11 UP
第14回 4/18 UP
第15回 4/25 UP
第16回 5/9 UP
第17回 5/16 UP
第18回 5/23 UP
第19回 5/30 UP
第20回 6/6 UP
Web版 試験対策 Part1
予想問題・解説
 (一問一答編)
第1章(1)(2)
第2章(1)(2)
第3章(1)(2)
第4章(1)(2)
第5章(1)(2)
ガイドライン概要
第1章 ・第2章
第3章 ・第4章
第5章

▲このページのTOPへ
| HOME | 医療経営 | 栄養・食事 | 介護・福祉 | 予防・健康 | オンラインショップ | 企業情報 | お問い合わせ |
| 定期購読・ご登録情報変更 | お詫びと訂正 | 広告掲載のご案内 | プライバシーポリシー | サイトマップ |
株式会社日本医療企画
Copyright 1999-2010, Japan Medical Planning, All rights reserved